So-net無料ブログ作成

古河城址行ってきました [御城プロジェクトRE]

ということで古河城址に行ってきました。
去年は色々あって結局ほとんど旅出れなかったので今年こそは!と意気込みつつとりあえず近場をちょろっとこなしつつ体が慣れてきたら遠出するか、と思いまずはすぐに行ける場所から始めることに。
城プロプレイしてるので何となくお城でご近所さんあるかなぁ、と検索したら思いのほか古河城が近かったのでおっさんの一人旅復帰初戦の相手になって貰いました。。

koga1.jpg

最低限の下調べしかしてなかったのですが、どうも古河城って元のお城は完全に残ってない感じのようですね。
てか無計画で押しかけてもとりあえず駅前でれば何かしら案内板とかデカデカと出てるだろ?と甘く見てたのですが全くそんなこと無くてちょい焦りましたわ今回;;
流石に目的地の方向すら不明ってのは無理があったので即駅構内に戻りまして案内所探したらあったから道きいたのですが、やはりお城自体は完全に無くなってて幻の城とか言われてるそうです。

それでも城址は一応あるらしかったので道順を聞いたところ西口出たら前方に見える茶色い建物の方角へひたすら川土手につくまで直進、ついたら左行けばあるよ!!
とのありがたい教えを頂きましてさっそく徒歩進軍開始したのですが例の茶色い建物過ぎたら即直進の道無くなってて少しばかり動揺してしまいました。
おいどうなってんだよ道ないじゃん!?

ちなみにおっさんは一人旅において目的地の大体の方角を知った後は多少道分からなくなっても極力軸をずらさいよう最小限に道変えて大元目指すという良いのか悪いのか分からない方法を取ってるのですが大抵はこれで何とかなる、というか今回も何とかなりました。
一見なんかそれっぽい感じがするかもしれませんが間違いなく道聞いた方が安全だというのは言わない約束でお願いします。。

koga2.jpg

そんな訳で茶色建物の後ちょい左に進んだらまた直進方向への道があったのでそちらを黙々と歩いてたら土手に到着。
雑草モッサモサの階段上ったら前方にゴルフコースが広がっておりました。
それなり天気よかったので遠くの山なんかも見えて結構いい景色でしたね。

んで、ここからは左に向かって歩いたのですがなんというかひたすらになんもない河川敷でお城のおの字も見えなくて割と焦り始める、、
いやでも土手ついたら左って言ってたし間違ってないよなぁ・・・、とか不安になるも10分ほど進んだら突然こんなのが出現しました。

koga3.jpg

どうやらこの辺に古河城の本丸だかがあったみたいです。
ふーん、そうなんだ・・・ってちょっと待ってあっさりし過ぎてないこれ?
土手下は野球場Aってかいてある看板しか無いんだけど流石に味気なさすぎませんかね;;
もしかして古河城とは草野球チームだったのか・・・?!(錯乱)

いやほんと思った以上になんも残ってないのね古河城さん。
それにしたってもう少しなんというかこう、レプリカの城とまでは言わなくてもなんかあってもいいんじゃないすかね、、

そういやこの辺やけにドローンとばしてるおじ様多いと思ったらドローン練習場らしいです。
あと川の方に向かう細道がかなりの緑モッサモサ度だったので我慢できず突撃してみたら釣り場らしき場所があった+道中に生えてたカラスノエンドウの親玉みたいなやつが花咲いてて結構綺麗でした。

koga4.jpg

うちの近所のやつより明らかにでかいし花立派だけどやっぱ種類違うんすかね。
あとアブだか何だか謎の飛行敵が耳元に襲い掛かってきて割と大変だったので虫苦手な方は素直に土手道そのまま引き返した方がいいです。

koga5.jpg

想像以上になんも残ってなかったので次は当初行く予定特になかった歴史博物館へ向かうことに。
ここまで来る途中に案内板出てたのでこちらは特に問題なく到着致しました。
当時はこの辺がなんちゃら曲輪って場所だったらしいですよくわからんけど。。
館内は基本撮影NGなので画像は無いですあしからず。

博物館すぐ近くには泉石記念館ってのがあるのですがこちらは入場料無料な上に本日初めて城というか当時っぽい雰囲気味わえて凄くいい場所で御座いました。

koga6.jpg

koga7.jpg

なんか最近やった隻狼の平田屋敷を彷彿とさせるような場所で個人的にはかなり好きかも。
あと濡鷺(ぬれさぎ)って名前の石灯篭があるのですがこれ元々は古河城二の丸にあった物だと言われているそうです。

koga8.jpg

そういや画室のほうの木製ベンチに恐らく猫が草食べて毛玉リバースしたんだろう的な痕跡があったのでちょい気になってたのですが帰り際壁の方ににゃんこ出現しとりました。

koga9.jpg

お前が犯人だな!!(多分)
それにしても何で旅先で出会う猫ってのはこうも可愛いのだろうか・・・。
(おっさんは極度の猫好き、というかある意味もう中毒者です;;)

そんなこんなでここまでで既に結構歩きまわって疲れ始めてたので少し早いですが駅に戻ることにしまして途中街角美術館だけ立ち寄りつつ帰路につきました。
一応篆刻美術館と文学館の入場券も買ってたんですがまあこの辺はまた機会があれば行こうと思います。

それにしても地元から予想以上に近いし何というか色々大変だったのね古河城さん。
城プロだと平石弓ってことで柳川さんと被るからあまり使ってなかったけど時間停止計略便利そうだしこれから育成するか。。

等と書きつつ今気づいたんだけどスマホ版データだと古河城さん持ってなかったわ。。
そういうことなんで運営さんその内復刻お願いします。


□ 今回のまとめ

お城に関してはほんと何も残ってないのでお城成分求めていくという場合は最初から博物館等行けばいいかも。
あと古河名物のお土産的なものが全く見当たらなくて今回一人旅としては初めてお土産何も買わずに帰る羽目になったのが割とショックだったりする。
(帰宅後パンフとかみたら和菓子載ってたけどどこで売ってたのよそれ;;)


追記:大事なこと忘れてたので追。
今回の旅では博物館のジオラマがおっさん的第一位な位に凄かったです。
何が凄いって広めのジオラマなのにきちんとちっこい人物がちゃんと生活感ある感じで配置してあるのが素晴らしい。

特に端っこの小さな神社みたいな建物の広場で子供が輪を作って遊んでるのとそれを近くで見守ってるおばちゃんみたいなの偶然見つけた時は割と本気で作りこみやべぇと思いました。
てかあれ全部把握するの無理だし場所によっては奥の方あんま見えないけどあそこまで物語を想像させてくれる作りだと全部気になってくるから困るわ。。

これ本当にこういうの好きな方々が作成に携わったんだろうなぁという感じがして個人的には間違いなく今回の一押しポイントです。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。