So-net無料ブログ作成

パセリの話 [植物ネタ]

どうも。
昨日の一人居酒屋での出費が痛かったんで今日起きてから
平均額をネットで調べたら3000円前後とか言われて
動揺を隠せない肉球です、、、

そして午前中は頭痛かったけどなおったので今日はパセリ先輩の
凄さについて色々語ろうかと思います。

pas.jpg

お刺身やお惣菜パックにちょろっとだけついてたりと、なんか
少々切ない扱いを受けることの多いパセリですが、栄養素の高さと
伝説や言い伝えの多さは数多いハーブ軍団の中でもトップクラスの
実力者だったりします。

栄養価についてはスルーしますが、伝承によるとパセリは

ギリシャ神話における「死の使い」という意味の名を持つ アルケモラスが蛇に噛まれ流した血から生えてきた

パセリは本来デメテルとゼウスの娘であるペルセポネに捧げられた ものでギリシャでは葬儀に用いられた

と、なにやら厨二心をくすぐるような伝承持ち。
パセリ先輩マジパネェ!!

あ、ペルセポネってのは冥界の神さまのハデスに連れ去られた時に
冥界の食べ物(柘榴)を食べてしまったため冬を冥界で過ごし、春になると
地上へ戻るという生活をすることになった女神さんね。

そしてここでちょい問題なのが前者のアルケモラスって人についてなんですが・・・。

私の手持ちのギリシア神話辞典とかだと調べてもこの名前の人
載ってないんですけど一体何者なんだろうか?

最後の手段でヤフッたりもしたけどヒット数自体少ない上に
記事は「ギリシャの瀕死の英雄」としか書いてないんです;;

うーんこれは困ったことになったぜぇ、、
という訳でギリシャ神話辞典をもう一度調べてたら
どうも アルケスティスとアドメトスの話がかなり怪しい気がしてきました。

簡単に紹介すると
アルケスティスって王女様の親父が難題を出して達成出来たら娘やるよ発言 →アドメトスって王様がアポロンの助言とアルテミスの力を借りて達成 →アルテミスにお礼するの忘れて激おこ、大量の毒蛇を寝室に待機させる →なんやかんやあって「じゃあアドメトス以外でも誰かひとり犠牲で許す」 →当然皆自分が大事なんで誰も名乗り上げない →見かねてアルケスティスが犠牲になる →献身的な愛にペルセポネが感激、甦らせて無事帰宅

って感じの話なんですが、どうもこの夫婦の間には二人の息子が
出来てトロイア戦争に参加してるみたいなんですよね。
とうことはその息子のどっちかがアルケモラスって事なんじゃあ
なかろうかと個人的に思ったんだけどあってるかは解らん。。

なにやらちょい長くなりましたがそんな訳で冥界とか死と関係が
深い植物だという伝承がある訳ですパセリには。

その辺が影響していると思われる迷信なども多く

パセリは成長しきるまでに3回(7回、9回とかの場合もある)地獄へ 行かなけばならないので非常に成長が遅い

悪人が植えたパセリはよく育つ

他人からパセリを貰うのは不幸を招く事になる

パセリは流産を呼び込む

等々、かなり物騒な迷信目白押しです。
あとはちょっと変わったのだと

パセリが庭に良く育っている場合その家はかかあ殿下である

雷雨の時に集めたパセリを水に浸したものは視力を回復する眼薬になる

年に3度、頭にパセリの種を振りまくとハゲが治る

赤ん坊はどこから来るの?と聞かれた場合の回答として パセリの苗床から金のすき(農具)で掘り出されるのだと答えるのが この地方(イギリスのどこか)での主流である

等というのも存在するようです。

そんな感じでちょいワルってレベルじゃねぇパセリ先輩ですが
名前(属名petroselinum)はギリシャ語で岩を意味するpetros と
パセリを意味するselinonが由来で、ローマ皇帝ネロの時代のギリシア人
医師ディオスコリデスによって名づけられたそうです。

その後中世にはpetrocilium とちょい簡略化、さらに後に英語化されて
petersylunge→persele→perseley 最終的に今のparselyに落ち着いたのだとか。

キリスト教初期の時代には聖ペトロに捧げられた植物であり、
パセリの種をまくのは聖金曜日の午前がもっとも適している等の伝承も
見受けられるようです。

ちなみに国によっては10月30日の花であり
花言葉は 勝利 死、祝宴、気紛れ
占星術では水星の支配下にあるとされています。


他にもちょい追記しとこうか悩む部分があったりしますが、これ以上無駄に
ごちゃごちゃすると拙いんで今日はこの辺にて。。

・・・というか一応はゲームブログの筈なんだけど最近全然ゲーム
やってないなおい;;
ドラクエヒーローズ出るまで暫くはこんな感じになるかもしれんどす。。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました
メッセージを送る